歯周病治療

歯周病とはプラーク(歯垢)の中の歯周病菌が歯茎に炎症を起こし、徐々に周りの組織を破壊していく細菌感染症です。
痛みなどの自覚症状が少なく進行するので、別名サイレント・ディジーズ(静かに進行する病気)と呼ばれ、症状が進行すると歯を支える骨(歯槽骨)を溶かし、やがて歯が抜けてしまう原因になります。

歯周病の予防、改善、治療をするには、いち早い処置が必要となります。

健康なお口の状態

shishu-a

歯周病

shishu-b

歯周組織再生療法

エムドゲイン

perio03エムドゲインとは、歯周組織の再生(骨を作る)を可能にした治療法です。
従来の歯周外科手術では、歯周病の進行を止める事はできても、失われた歯周組織は再生できませんでした。

しかし、エムドゲインゲルを使った歯周外科手術は、歯周組織の再生を可能にしました。
エムドゲインは、歯周外科手術の際、組織が失われた部分に歯周組織の再生を導くゲル状の材料を塗る方法で、
強固な付着機能をもつ歯周組織の再生を促します。

CGF(PRF多血小板フィブリン)メディフュージ

prp_1患者様から採決した血液に添加物(抗凝固剤や凝固促進剤など)を一切加えずに作製できる「完全自己血液由来のフィブリンゲル」を作成するための器械。

骨の再生、増生などを伴うインプラント治療や歯周外科の際に使用する組織再生療法を行うことができます。