レーザー治療での効果

laser_01

殺菌効果

瞬間的な高温が細菌なども一瞬で蒸発させるため、虫歯や歯周病菌などの細菌が原因でおこる病気に効果が期待できます。

止血効果

レーザーが組織を瞬時に蒸発させるため、歯肉を切っても出血が起こりにくく、止血と殺菌効果が同時に得られます。
さらに術後の痛みが出にくいなどの特徴があります。

麻酔効果

レーザーを照射すると、麻酔をしなくても治療できる範囲が増えることがあります。
ただし一般的な注射麻酔ほどの強い麻酔効果ではありません。

歯の切削効果

少しだけであれば歯を削るように穴をあけてゆくことができます。
ただし、回転器具で削る場合よりもかなり時間がかかります。

以下の治療で使用しております

虫歯効果

レーザーを当てることによって、虫歯が蒸発して、さらに歯の表面が硬くなり虫歯になりにくい状態にすることが期待できる。
特に初期虫歯には効果的です。

知覚過敏

知覚過敏の原因となっている、歯の根元付近の象牙質に、レーザーを当てると、内部へ刺激を伝える通り道を機械的に塞ぐことができるため、知覚過敏が解消されることがあります。

口内炎

口内炎が翌日から数日で改善することがあります。

歯茎の形を整える

歯茎を切開したり、形を修正するときなどに用いられる。
歯肉の黒ずみなどもレーザーによって綺麗にすることができます。

歯周病の炎症を落ち着かせる

歯茎が腫れた時に、歯周ポケットにレーザーを照射すると歯周病菌などが減少したり、内部に溜まった膿が出やすい状態になったりするため、腫れが落ち着きやすくなります。

根の治療

歯の根の内部にレーザーを当てると内部の細菌が減少したり、内部の乾燥などもできるため、根の治療に役立ちます。